鈴乃屋きもの学院 > 着付けを仕事にしたい > 仕事に生かせる資格取得 > 着付講師 松久保先生インタビュー

仕事に生かせる資格取得

着付講師

鈴乃屋きもの学院講師 松久保朋子先生
「着付講師」のお仕事について

鈴乃屋きもの学院の講師として現在、師範科クラスを担当させて頂いております。講師になるための指導の仕方は、人に伝えるためわかりやすく、と心がけています。振袖と変わり結びの実技では、即実践で使えるよう、自分の経験を話しながら指導をさせて頂いております。
自宅で認定教室も開いており、ご自分の着方の苦手な部分のスポット練習や七五三の着物の着せ方など、生徒さんのご要望に合わせながら、生徒さんと一緒に楽しくお仕事をさせて頂いております。

講師としてのやりがいや楽しさ、また難しい点などはありますか?

自分で着る事が出来るようにと始められた方が、どんどん着物に興味をお持ちになり、今度は人に着せたいと言って下さるととても嬉しいですね。更には資格を取得して先生のように仕事がしたいなどと言って下さると、講師としてはこの上ない喜びです。
興味が出てくると、テレビや雑誌で女優さんや歌手の着ている着物についてとても気になるようで、着付けの仕方・帯結び・小物など色々な質問が出てきます。質問により私もまた生徒さんから勉強する機会を頂いております。 着物を通して会話が弾み、生徒の皆様と一緒に楽しい時間を過ごさせて頂ける事が有難いです。

着付講師以外にお仕事をされてますか?

裏千家茶道を自宅・稽古場・カルチャーセンターなどで指導する仕事をしております。
またイベント企画・運営・ボランティアを主宰し、着付けや茶道の体験教室など多くの人に日本の伝統文化を継承するための活動をしております。

着付けを習い始めたきっかけ、鈴乃屋きもの学院に決めた理由など

茶道で着物を着る機会が多く、自分で着る事は出来ましたが、いつもそばには母や姉がおりましたので、困った時は直してもらえる環境でした。
ところが海外に留学が決まり、日本文化を紹介する行事の時は着物を着用しなければならない、という状況に。普段家族に甘えていた私は、これは一人でしっかり着られるようになっておかなければいけないと思ったのがきっかけでした。
器具など使わずに着付けが出来る事が希望でしたので、鈴乃屋きもの学院を選びました。

資格を取得し、講師を目指す方にアドバイスをお願いします。

松久保朋子先生 「着物は日本の民族衣装」-小泉清子鈴乃屋名誉会長の言葉です。時代は変われど、着物が日本の正装であることはこれから先もずっと変わらないと思います。
お祖母様やお母様の着物を着る事の楽しみだけでなく、着付けは人に喜んで頂ける、喜びの手助けをできる仕事です。このような時代だからこそ絆を深め、ご一緒に鈴乃屋きもの学院の講師として活躍してみては如何でしょうか。

※このインタビューは2011年7月現在のものです。

これから着付けを始める方へ

ページの先頭へ